【Instagram】ブロックしてきた相手にブロック返しをする方法

スクリーンショット 2016-04-04 19.54.31

kiwamiです。

今回は「Instagramでブロックしてきた相手にブロック返しをする方法」についてご紹介します。

スポンサーリンク

Instagramのブロックは「不公平」?

Instagramのブロックはちょっと不公平かも知れません。

例えばブロックをされた方は相手の事を出来ないし、投稿を見る事も出来ません。

ですがブロックをした方は、その相手の事を検索出来るし、投稿を見る事も出来るのです。

ブロックをされた方が必ずしも悪い人とは限りません。「自分は見つかりたくないけど、相手の投稿は見たい」という場合にブロックを使う人がいる可能性もあります。

もしもそんなブロックが分かった場合、相手の事を検索も出来ないのであれば、コチラとしてはそのブロックをあえて受け入れる事しか出来ないのでしょうか?

実は検索を出来なくても、相手のプロフィールページにアクセスする方法はあります。

その方法を使えば、相手に「ブロック返し」をする事が可能です。

以下で説明します。

Instagramで「ブロック返し」をする方法

ブロック返しをする際にネックになるのは「ブロックをされていると相手の事を検索出来ない」という事です。

この点をクリアするには、Instagramのプロフィールページの構造を知る必要があります。

スクリーンショット 2016-04-04 19.46.23

上が「kiwami2999」のアカウントのURLです。

http://www.instagram.com/

に、ユーザー名を入れただけの簡単な構造になっているのが分かります。

つまり、相手のユーザー名が分かっていれば、上のURLの構造にそれを当てはめるだけで相手のユーザーページにアクセスできる、という事になります。

この方法はiPhoneでもAndroidでもPCでも有効です。

ですが、iPhoneとAndroidの場合はInstagramアプリではなくて、SafariやChromeなどのブラウザを使って、そこにURLを入力する様にして下さい。アプリにはURLの記入欄がないのでこの方法が使えません。

この方法で晴れてブロックをしてきた相手のプロフィールページにアクセスしたら、あとは普通にブロックをするだけです。

【関連】Instagramで相手をブロックする方法

この方法を使うと、どちらもInstagram上で「存在しない人」になります。お互いにブロックを解除する事も面倒になるので(上の方法で直接URLを打ち込めばOKですが)、それでも良い場合はこのブロック返しを使いましょう。

スポンサーリンク