【Instagram】ハッシュタグに使えない禁止文字とは?

スクリーンショット 2016-07-18 01.11.38

kiwamiです。

Instagramの投稿などに付けるハッシュタグには「禁止文字」というものがあります。この禁止文字を使ったハッシュタグは青文字にならず、ハッシュタグとして機能しません。

基本的にハッシュタグに使えるのは、

  • アルファベット
  • 日本語
  • 数字

になります。(その他ハングルなど国ごとの言語も使えます)

ハッシュタグに使えない文字としては、

  • 特殊文字($・%など)
  • スペース(空白)

が挙げられます。

特殊文字のその他の例としては、

↘ ↙ ↚ ↛ ↜ ↝ ↞ ↟ ↠ ↡↘ฺ ↙ฺ ↚ฺ ↛ฺ ↜ฺ ↝ฺ ↞ฺ ↟ฺ ↠ฺ ↡ฺ↢ ↣ ↤ ↥ ↦ ↧ ↨ ↩ ↪ ↫ ↢ฺ ↣ฺ ↤ฺ ↥ฺ ↦ฺ ↧ฺ ↨ฺ ↩ฺ ↪ฺ ↫ฺ ↬ ↭ ↮ ↯ ↰ ↱ ∆ฺ ∇ฺ ∈ฺ ∉ฺ ∊ฺ ∋ฺ ∌ฺ ∍ฺ ∎ฺ ∏ฺ ∑ − ∓ ∔ ∕ ∐ฺ ∑ฺ −ฺ ∓ฺ  ∛ฺ ∜ฺ ∝ฺ ∞ฺ ∟ฺ ∠ฺ ∡ฺ ∢ฺ ∣ฺ

などなどたくさんのものがあります。

基本的には「文字と数字が使える」と思っていれば問題ないと思います。

ハッシュタグ化が成功した文字列は青くなります。

スクリーンショット 2016-07-18 01.08.57上の画像を例にすると、「#てすと」が青くなっていて、「#%」は黒文字のままである事が分かります。「#%」は特殊文字なので、ハッシュタグ化出来ていないという事ですね。

黒文字と青文字はぱっと見では分からないと思うので、注意して下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク